40代の転職

「やりたいこと」「やるべきこと」「できること」

更新日:

やりたいこと・やるべきこと・できること

皆さん、やりたいことはありますか?

旅行に行きたい、新しい服を買いたいなどではなく、人生を通して実現したいことは何でしょうか。

仕事をやるうえで、「やりたいこと」と「やるべきこと」と「できること」の輪が重なる部分が多い方が望ましいなどといいますね。
無職になってしまった場合は、この3つはどうなっていくのでしょうか。

40歳・無職の「やりたいこと」

やりたいことがはっきりしていたら、40歳で無職にはならなかったのではないでしょうか・・・。

本当にやりたいことがある人はそこに向けて色々活動をしていたり、実現するために必要なことを一つ一つ積み上げていっているのだと思います。
それでいうと、なんとなくで生きてきてしまった私は、40歳・無職になって改めて「やりたいこと」をちゃんと考えなければいけない状態になっています。

とはいえ、40歳にもなるとあまり突拍子もないこともできません。例えば・・

  • ミュージシャンになる! ⇒ 若いころにやっているならともかく、今から練習しても・・・
  • 公務員になる! ⇒ 年齢制限が・・・(40歳で受けれるところもあるようですが)
  • すし職人になる! ⇒ すしを握らせてもらうまで何年も修行が・・・

どれもちょっと今からやるにはハードルが高そうです。もちろん、40代になってから全く未経験の分野に飛び込んで成功する方もたくさんいますが。

つまり40歳にもなると、「やりたいこと」といっても、過去の経験をふまえて考えることになりますし、「できること」とのバランスも現実的な範囲にしないといけなくなります。

40歳・無職の「やるべきこと」

「やるべきこと」は基本的に会社に勤めている人が、会社に貢献するため、自分が成長するために考えることです。なので、40歳・無職の人が「やるべきこと」は仕事を探す、ということになるかと思います。

無職になると自由な時間がとても増えます。会社に行っていないわけですから当然ですね。その時間に仕事を探すわけですが、仕事を探すために必要な時間はそれほど長くありません。転職サイトに登録して、求人に応募する。エージェントに会って求人を探してもらう。書類選考に通れば面接ですが、それも1回1時間程度です。

履歴書・職務経歴書の作成も多少時間はかかりますが、一度作ってしまえばあとは使いまわせます。

なので、40歳・無職のやるべきことは、仕事を探す 以外の時間をどうすごすかです。

趣味に時間を使ってもよいでしょうし、勉強の時間に使ってもよいでしょう。アルバイトやボランティアに時間を使う人もいるでしょう。

時間の使い方は人それぞれだと思いますが、大切なことはその使った時間を、次の「やりたいこと」「できること」につなげることです。

40歳・無職の「できること」

できること、というのは今時点の自分の能力です。無職になったとしても過去に身につけた能力が消えることはありません。

ただし、無職になってから時間が長くなると、身につけた能力が衰えたり、価値が下がったりすることもあります。無職になった時点で一度時間をかけて棚卸をしましょう。そして訓練や学習が必要なものは無職の間も継続して続ける必要があります。

また、「やるべきこと」のところで説明した通り、「できること」は無職の間でも増やしていきましょう。増えていった「できること」から「やりたいこと」が見つかったり、「やるべきこと」の仕事探しにつながったりします。

「できること」から「やりたいこと」・「やるべきこと」を探す

人とというのは自分の能力は過小評価しがちです。「隣の芝生は青く見える」とよくいいますが、自分の芝生も、他人から見ればとても立派な可能性もあるのです。

自分の「できること」を正確に把握し、正しく評価してもらえるようにしなければいけません。

「できること」を正確に把握、評価することはなかなか難しいです。その要因としては次のようなことがあります。

  • 自分の中では普通にやっていることなのですごいと思わない。
  • 自分の専門分野ではもっとすごい人がたくさんいるので、自分の能力は大したことはないと思ってしまう。
  • 相手の期待に応えられないかもしれないので、自分の能力をアピールできない。

これらを踏まえたとしても、自分ひとりで「できること」を把握・評価することは難しいです。そのためには他の人の協力が必要になってきます。その協力のもらいかたは次のような

  • 転職サイトのエージェントに面談してもらう
  • 転職サイトの情報を充実させ、各企業の採用担当者にみてもらう

無職になってしまった人だけでなく、転職する可能性が少しでもある人は一度転職サイトのエージェントに面談してもらうことをオススメします。多くの実績をもとに、客観的に能力を評価してくれますし、自分のやりたいこと・できることの整理の参考にもなります。
なにより、転職にあたってプラスになる点を探してくれるのでとても前向きな気持ちになれます。

転職サイトに登録するときはできるだけ情報は充実させましょう。
特に何ができるかというところはしっかり書いた方がよいと思います。
いろいろな企業が見ていますので、自分では思いもしなかったような業界からメールが来たりすることがあります。
自分の想像の範囲の中だけで求人を探すよりも幅が広がりますので、面倒くさいと思わずにできるだけたくさんのことをアピールしましょう。

参考までにいくつか、転職サービスをご紹介します。
すべてを利用する必要はありませんが、基本的には無料で使えますのでいくつか試してみるとよいのではないでしょうか。

リクルート系は求人数・転職実績ともに豊富なので、一度確認してみることをオススメします。
◎→【リクルートエージェント】でエージェントに相談す

人工知能を活用して想定オファー年収をだしてくれるサービスもあります。
◎→市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

ハイクラスの求人を見るのであればBIZREACHがオススメです。ちゃんと自分の情報を登録するとスカウトメールも送られてきます。
◎→ハイクラス求人情報はコチラ⇒ BIZREACH

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-40代の転職

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.