節約生活

年末の大掃除にフリマを活用

更新日:

いらないものは年内に処分しよう

今年も残り1ヶ月になりましたね。
ちゃんと予定を立てておかないと、12月はあっという間に過ぎていきます。

年賀状が間に合わない!とバタバタしたり。
大掃除の時間が取れずに中途半端な掃除だけで年を越してしまったということもよくありましたね。。

今年は自由な時間もたくさんあるので、きっちり大掃除をしようと思います。
部屋をきれいに掃除するだけでなく、いらないものを捨てることもしてみようかなと。

僕も奥さんもあまりものを捨てられない性格でして、長らく使っていないものも収納に眠っています。
これから子供も大きくなってますますものが増えるので、今のうちにスペースを空けておかないといけません。

3分の1くらいは捨てる勢いで整理していきます。
ただ、それなりに使えるものもあるので悩ましいところです。
そこで、今年はフリマを活用してみようと考えています。

ネットならフリマも簡単

フリマといえば、公園でシートを広げてというイメージですよね。
そして季節は春から夏にかけてでしょう。12月にフリマなんかしたら寒くて凍えてしまいそうです。

しかし、今はフリマもネットの時代です。
「メルカリ」とか「フリル」とかがメジャーですね。
国内でも1,000万人以上が使っているらしいですよ。
これはなかなか立派な市場ですね。

モノを売るならヤフオクという手もありますが、なんとなくオークションってちゃんとしたもの売らないといけない気がします。
その点フリマは、いらないものを安く売るというのが基本のスタンスなので、出品も気が楽です。

お金に関する部分は運営会社が代行してくれます。
やはり個人同士の取引はお金の部分が一番心配なのでそこを代行してもらえるのはメリットが大きいですね。

フリマで買う時は変なものじゃないかどうか心配もありますが、今回は売る方なのでその心配もありません。
偽物や不良品をつかまされるということも残念ながら起こっているとか。。。

ネットで物を買うのはよくやっていますが、売るのは初めてです。
せっかく売る気になっても買い手がつかないと意味がないので売れるような写真とか説明を充実させるないといけませんね。

そのあたりも試行錯誤しながら成功パターンを積み上げていきたいなと。

子供服ならまとめて買取りサービスも活用

子供が大きくなって着れなくなった服はまとめて買い取ってもらうのもありです。
同じサイズの服がまとめて切れなくなってしまうので、一つ一つ売るのは大変ですからね。

そんなたくさん売るのが大変な子供服をまとめて買い取ってくれるありがたいサービスもありました。

キャリーオンというサービスで、サイト上では買取だけでなく子供服の販売もしています。
着れなくなったサイズをまとめて売って、今のサイズを買う。
そしてまた大きくなったらまとめて売って、次のサイズを買う。

これを繰り返せば服にかかるコストは抑えられそうですね。

まとめ

今年の年末大掃除は、いらないものの処分もやってしまいます。

捨てるだけだともったいないので、フリマアプリを通じて売ってみようかなと。

お金も稼げますし、他の人に使ってもらえた方が捨てるよりも嬉しいですしね。

来年から心機一転がんばれるように12月はがんばるぞ!

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-節約生活

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.