40代の転職

40代で転職する時の年収はいくらになるのか

更新日:

40代での転職は難しい?

世の中の転職情報を見ると40代になると転職は厳しいというようなことが書かれています。実際に募集を見ても年齢制限が~39歳となっているようなこともしばしば。
とはいえ、40代で転職した人がいないわけではありません。
どうやら転職はできるが、決まるまでに時間がかかるという事のようです。

実際僕の知人の中には20社近く受けてやっと決まった人もいました。

ではなぜ40代になると転職が厳しくなってくるのでしょうか。
40代での転職のポイントは次の3点が大きいようです。

  1. 能力
  2. 働ける期間
  3. 年収

それぞれのポイントを確認していきましょう。

【40代での転職のポイント】1.能力

新卒や30代前半くらいまではまだまだ経験も浅いのでポテンシャルや本人のやる気なども考慮されます。しかし40代となると求められるのは次の点に絞られてきます。

  • マネジメント能力
  • 即戦力としてのスキル

マネジメント能力

40代にもなると部下を持ち、マネジメントしてきた経験がある方も多いと思います。よくキャリアの中でゼネラリストかスペシャリストかというようなことも話されますが、どちらにしても人を育てるという意味でのマネジメントを期待されます。40代で新しい会社に入社するにあたって一匹狼でやっていくことはできないと考えた方がよいでしょう。

即戦力としてのスキル

即戦力というのが少し曲者でして、同じ業界・職種でも会社ごとにやり方に違いはあるものです。基本的な知識やこれまでの経験は活かせる部分はあると思いますが、そのまま当てはまるものではありません。
40代になると、過去の経験をもとに物事を決めつけて対応しがちになりますが、今までの経験を活かして新しい会社のやり方に柔軟に対応するという事も期待されます。頭の固いベテランが入ってきた、と思われないように注意しましょう。

【40代での転職のポイント】2.働ける期間

今の時代は65歳定年という会社が多いようですので、40代に入っていると社会人人生の折り返し地点あたりにいることになります。

会社に貢献できる時間が新卒の半分となると、会社としてどちらが魅力的でしょうか。

他の社員との年収のバランスも考えると40代の採用は不利になる場合があります。

【40代での転職のポイント】3.年収

転職をするうえで年収は重要な要素になります。40代で家族がいる場合は必要なお金も多くなってきますし、子供がいる場合は教育資金、家を買っている場合は住宅ローンというように何かとお金は重要です。

転職するなら年収は上がった方がよい、少なくとも現状は維持したいところですが、そもそも自分にあった年収というのはいくらなのでしょうか。

採用する側としてはできるだけ人件費は抑えたいという気持ちと、能力のある人の年収が低すぎると他の社員のモチベーションに関わってくる懸念があるという所でうまくバランスをとった年収をオファーしてきます。

こちらの希望年収は伝えるとして、企業側がどれくらいの年収を想定しているかを知っておくことができれば交渉もしやすいですよね。
転職サイトで有名なインテリジェンスが社がこれまでの実績データをもとに想定年収を算出できるサービスを提供しています。MIIDASというサービスで、質問に答えていくだけで想定年収が表示されます。時間は5分程度です。参考に見てみてはいかがでしょうか。

◎想定年収の確認はコチラ⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

まとめ

40代での転職は、能力・働ける期間・年収の点で折り合いをつけるのが難しく時間がかかりやすいです。

即戦力でやれる、という自信があってもそれが本当に企業の求めているポジションとマッチするか、社内の他のメンバーとうまくやっていけるかは未知数です。

人は年を取っていくと過去の経験にとらわれて、頑固になっていきがちです。
謙虚な気持ちで転職活動に取り組むことが成功のポイントになるのではないかと思います。

特にお金の話は客観的な市場の価値を把握しておかないと、過去これくらい貰っていたからという話だけだと交渉が難しくなるかもしれません。

◎想定年収の確認はコチラ⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-40代の転職

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.