40代の転職

退職を決意するまでにやっておくべきこと

更新日:

よく、「転職先が決まってからやめた方がよい」と聞きます。
理由としては次のようなものがあげられています。

・無職の状態での転職活動は採用する側のマイナスイメージにつながることがある。
・転職活動期間が長くなると精神的に疲れてくる
・会社に所属しない期間があると保険や年金の手続きが煩雑になる

どれも確かにマイナスの要素な気がします。
それでは退職後に転職活動をするメリットは何があるのでしょうか。

・自由な時間がある

この一言に尽きると思います。
その時間をどのように捉えるかは人それぞれですね。
じっくり会社選びをする方もいるでしょうし、自分の経験の棚卸をする人もいるでしょう。
すこし立ち止まって人生について考えたり、一定期間趣味に打ち込むのもよいかも知れません。

これらは働きながらの転職活動ではなかなか難しい事です。
日本人は働きすぎで幸せを実感できていないとも言われています。

実際私も過去の転職は働きながらだったので
いかに今の仕事と次の仕事のつながりのアピールするかばかりを考えていて
人生の中での転職の意味をしっかり考えられていなかったように思います。

次の仕事が決まってから退職するにせよ、決めずに退職するにせよ
退職を決意するまでにしておいた方がよいことがいくつかあります。

退職後の計画
・退職してすぐ働くのであればそれほど計画は必要ないかもしれません。
退職してから転職活動をされるのであれば、どれくらいの期間転職活動をするのか
活動の仕方や、他にやることなど整理してく必要があります。

必要なお金の確認
・こちらも退職してから転職活動をする場合になります。
雇用保険は入っているか、いつから、どれくらいもらえるかなど入ってくるお金の確認と
退職してから出ていくお金、家賃、生活費など確認しておく必要があります。

信頼できる人への相談
・退職理由はどのようなものであれ、自分ひとりで退職を決めるというのは得策ではありません。
信頼できる人へは相談しましょう。
社内の人に相談をするのは、少しでも留まる可能性がある場合のみにした方が無難です。
また、相談は転職経験のある人や、自営業の人にした方が転職を前提にした相談がしやすいです。

転職サイトへの登録
・退職を決意する前に、一度転職サイトを見ておくことをお勧めします。
今やっている仕事が生かせる求人が今出ているのか。年収はどれくらいになるのか。
やめてしまってから仕事がないという事にならないように事前の情報収集は重要です。

これら一連の活動をするなかで、今の職場で続けていこうという気持ちになるかもしれませんし
続けていくとしても、一度しっかり考えたことは今後につながっていくと思います。

やはり退職しようという事になったとしたら、次に向けて手続きを進めていきましょう。

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-40代の転職

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.