40代の転職

40代無職の転職日記:転職業界にもおとり物件あり?

投稿日:

転職日記

こんにちは、マユハルです。

今日は風が強くて寒いですね。
面接がなくてよかったです。

先日ニュースで賃貸のおとり物件について
特集をしていました。
そういえば今回の転職活動でも
似たような体験をしたんですよね。

おとり物件というのは
すごくいい物件を見つけて
不動産会社に問い合わせてみたら

「先日埋まってしまいまして
近い物件でこちらはいかがでしょう」
と別の物件を勧められるやつです。

窓口に来てもらうための罠ですよね

転職活動でも窓口に来てもらうための
罠が存在しているかもしれません。

賃貸のおとり物件ほど
悪質なものではありませんけどね。

ここからは僕の実体験です。

とあるエージェントから
「○○(某有名企業)があなたの経歴に
興味を持っていて面接を希望している」
と連絡がありました。

求人を見るとなかなか面白そうです。
ただ、ちょっと経歴とあってないような…
それでも興味を持ってもらえたならと
エージェントと面談をしました。

面談では興味を持ってくれた会社以外にも
何社か紹介されます。
良さそうなところは何社か応募することに。

で、最初に興味を持ってくれた会社の
面接に行ってみると、出てきたのは…
エージェントの会社の人でした。

びっくりしましたが
騙されたわけではありませんでした。
企業の採用業務を委託されていて
ちゃんと企業の選考として
面接をしているそうです。

そして、結果は不採用。
スキルが合っていないということでした
やっぱり自分の勘は正しかったですね。

ここでふと、ある考えがよぎりました。
「本当に○○の社員は僕に
興味を持ったのだろうか」

こればかりは確認するすべがありません

結果的に興味を持ってくれた会社以外の
選考をエージェントを通して
進めていくとこになりした。

エージェントとしては
一人客を捕まえたということですよね。

エージェントが面談を取り付けるために
有名企業の名を借りて
コンタクトしてきたのではないかと…

もちろんいい人であれば
有名企業側で選考は進めるでしょう。
でも幅広めにコンタクトして
ダメなら他の企業を紹介していけば
結果的にエージェントの成果はあがります

転職エージェントもたくさんあります。
その中から自社を選んでもらうためには
面接をネタに面談をとりつける
ということもやっているのかもしれません

おとり物件とまではいわないですけど
エージェントの社内だけで
面接までは設定できてしまいます。

実情はわからないので
あくまで想像ですけどね。

転職エージェントから
面接を確約するようなオファーがきたときは
そのオファーの内容だけでなく
エージェントが信頼できそうかどうか
調べてみることをオススメします。

---

同じように転職を考えている人の
参考になるような情報を
発信できるようがんばります。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-40代の転職

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.