40代の脳活 脳活コラム

脳を元気にする習慣の3つのポイント

更新日:

こんにちは、マユハルです

あなたの脳は元気ですか?
毎日の生活でイヤなことがあったり、悩んだりして
イライラしていないでしょうか。

脳が元気でいないと毎日楽しく過ごせません。
今回は脳を元気にするための3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

脳を元気にするためのポイント

脳が元気でないときに一番感じるのがもの忘れではないでしょうか。

やっておいてと頼まれたことを忘れてしまう。
得意先の人の名前が思い出せない。

頭が疲れているときに起こりがちなことです。
こんなことが続くと自分が嫌になったりしますよね。

脳を元気にしてもの忘れをしないようにするためのポイントを
まとめた記事があるので参考にしてみてください

今回は脳を元気にする習慣として
規則正しい生活と栄養補給というポイントから考えてみたいと思います。

脳を元気にする習慣

毎日の脳の疲れをとるには睡眠が重要です。
それでも疲れが抜けきらなかったり
イライラした気持ちがおさまらなかったりすることもありますよね。

そこで一つオススメしたいのが「脳をリセットするタイミングを作る」ことです。

毎日決まったタイミングに決まったことをして前向きになる習慣をつけてリセットするんですね。

今回は脳を元気にするということなので次のような習慣はいかがでしょうか。

  1. 朝食の後に(決まったタイミング)
  2. DHAのサプリメントを飲んで(決まったこと)
  3. 「これで頭がスッキリして1日過ごせる」という(前向きになる)

決まったタイミング

日々の生活は波があります、忙しいときも暇な時もありますし
嫌なことがあるときも嬉しいことがあることもあります。

その波と関係なく決まったタイミングで
気持ちを落ち着かせることで安定した気持ちで毎日過ごせるようになります。

タイミングはあなたの生活にあわせていつでも構いません。
朝起きてすぐでもよいでしょうし、朝ごはんのあとでもよいでしょう。
寝る前の習慣というのもありますね。

決まったこと

何か決まったことをやることでスイッチをいれてみましょう。
今回は例えとしてサプリメントを飲むということにしています。

決まったことはなんでも構いませんが
次の3点を満たしていることがオススメです

  • できるだけ手軽
  • 脳にとってプラスである
  • 対価を払っている

できるだけ手軽

毎日続けることなので手軽な方がよいですね。
仮に毎日5km走る、とかだと体調や時間の制約が大きすぎます。

脳にとってプラスである

脳を元気にするための習慣ですから
脳にとってプラスな方がよいでしょう。

サプリメントではなく高カカオチョコを食べるなどもよさそうですね。
脳トレをするというのもいいかもしれません。

対価を払っている

何をやるにしても対価を払ったほうが効果を期待しやすくなります。

サプリメントやチョコ、脳トレの本であればお金を払って買っています。

先ほど5km走るというのは制約が大きいといいましたが
時間に余裕がある方でしたら時間という対価を払う価値はあります。

前向きになる

決まった時間に決まったことをするときに
前向きな言葉をいうこともポイントの一つです。

「これで頭がスッキリして1日過ごせる」ということで
1日スッキリして過ごせる気持ちになりますよ。

人は自分で言ったことに対して一貫性を保とうとする心理が働きます。
スッキリして1日過ごせるといったからには
スッキリして1日過ごそうと無意識にするんですね。

誰もいないところでもいいので口に出して言ってみましょう。

大事なこと

今回は脳を元気にするための習慣についてご紹介しました。

毎朝すっきりと脳をリセットさせる習慣をつければ
多少嫌なことがあっても引きずることなく元気な脳で毎日過ごせますよ。

今回の例ではDHAのサプリメントを飲むことを習慣にしました。
DHAのサプリメントはたくさんあります。
どれを買ってよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
オススメのサプリメントのランキングを作りましたので
参考にしてみてください。


mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-40代の脳活, 脳活コラム

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.