40代の転職

40代元無職の転職日記:転職に向けた夏休みの過ごし方

投稿日:

こんにちは、マユハルです

毎日暑い日が続きますね、今年の梅雨は雨が少ないので水不足が心配です。

もうすぐ8月、今年は山の日(8月11日)が金曜日なので3連休ですね。
長期休暇を取る人も多いのではないでしょうか。

転職活動をしようとしている人は夏休みを十分活用しましょう。
普段の仕事をはなれて今後の事を考えるいい機会になります。

過去の記事でGWの過ごし方を書いています。
夏休みにも共通する部分はあると思いますのでぜひ見てみてください。

一方、既に無職になってしまっている人はどうすればよいでしょう。

8月は休む人が多いので採用面接の調整も難しくなります。
過去には面接官が3週間夏休みで面接が一ヶ月後になったことも…

ということで、企業へのアプローチはペースダウンを覚悟しましょう。
つらい時期ではありますが焦らず落ち着いて転職活動しないといけません。

スポンサーリンク

夏休みは地元に帰ろう

一年に何度か大型連休がありますよね。
年末年始、GW、夏休み、シルバーウィーク など。

この中で地元に帰る人が多いのは年末年始、夏休みではないでしょうか。

地元に帰ると何をしますか?
家でダラダラしたり、買い物に行ったりでしょうか。

もし転職を考えている、既に無職になっているのであれば
友達にあうことをオススメします。

色々な環境の人の話を聞く

夏休みに地元に帰って友達と会うと色々な環境の人の話を聞くことができます。

会社の人との話だと、自分の把握している世界なので話が広がりにくかったりします。
その点、地元の友達は働いている業界も違えば、価値観も違うでしょう。
今までになかった視点での話も聞けるかもしれません。

転職を考えている人は相談してみてもいいかもしれませんね。
既に無職の人は… 言う必要はないでしょう。
名刺を渡すわけでもないですし、(そういう場面になったら忘れたといえばいいだけです。)
前の会社の話をしておけば問題なし。
今在籍しているかどうかなんて確認するわけもありません。

もし同窓会なんてものがあったとしたらぜひとも参加しましょう。
昔は頼りなさそうだった友達が助けてくれるかもしれませんよ。

昔はやんちゃばっかりしてた友達が真面目な官公庁で働いてたり
お調子者だった友達はイメージ通りテレビ業界に入っていたり

そんな中で自分はどう見えているのかなと考えてみるもの面白いものです。

大事なこと

転職を考えている人は夏休みを利用して普段合わない人と会う計画をたててみましょう。

地元のいろんな友達に会うといかに普段の自分の世界が狭いかがよくわかります。
狭いこと自体は悪いことではありません。
それぞれあった環境がありますし、ある程度限られた世界で自分の能力を高めていくことも大切です。

大事なのは客観的な目を持つことです。
友達と同じ生活だったら自分はどう感じるだろう。
逆に友達は自分の生活をみて何を思うだろう。

そんなことを考えていると、自分の中で大切なことが見えてきたりします。

普段合わない人と会うというのは結構パワーのいることかもしれません。
でもパワーを使うだけの価値のあることがきっとあるはずですよ。

自分のことばかり、転職のことばかりに集中するのではなく
広い視野を持てるように行動してみてはいかがでしょうか。


mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-40代の転職

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.