サイトは大事

コンテンツマーケティングってなんだ?

更新日:

コンテンツマーケティングを学んでみる

次の仕事を考えるにあたって、Web系のスキルをもっと身につけないとなと思っています。

前の会社で購買データやWebアクセスデータの分析などをやっていました。
数字を見るのは好きな方なので、どんなお客さんがいて、何が売れていてとか分析するのは楽しかったです。

しかし、じゃあそれをどう改善するかっていうとなかなか難しいんですよね。
売れていない商品や、見られていないページはデータからすぐにわかります。
そこを改善しないといけないのはわかるのですが、具体的な対策まではわからないという状況でした。

もっと対策まで含めて考えられるようになりたいなと思っている中、最近気になったのが、コンテンツマーケティングという言葉です。
コンテンツ+マーケティング ? なんだかどちらも抽象的な言葉のような気がします。

早速、コンテンツとマーケティングの意味を確認しておきました。

コンテンツ: media content)とは、「中身」のこと。

コンテンツはあらゆる情報について用いられるため、非常にあいまいな言葉である。コンテンツの表現形態、流通形態、受信形態によって違ってくる。

引用:Wikipedia

 

マーケティング: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

引用:Wikipedia

うーん、情報の中身で価値を効果的に得られるようにするというこでしょうか。

コンテンツを使わないマーケティングってどんなものなんでしょう・・いまいちよくわかりません。

ということで、コンテンツマーケティングで調べてみたところ・・・

 コンテンツマーケティングとは、有益で説得力のあるコンテンツを継続的に制作あるいは収集し、配信することによって、顧客のブランドロイヤリティを向上させ、購買行動を変化・促進させるマーケティング手法のこと。

引用:マーケティングWiki

説得力のあるコンテンツでブランドロイヤリティを向上させる。その結果購買行動につながるということですね。

コンテンツが重要だということを強調した言葉のようです。
コンテンツを使ってマーケティングするというのはどこの会社に行っても役立ちそうですね。ちょっと本格的に調べてみようかと思います。

コンテンツマーケティングセミナーに参加してみる

ということで、さっそく無料セミナーに行ってきました。無職の僕には有料セミナーなんていけませんので・・・。

ちょうど調べ始めて2日後というタイムリーなセミナーがあったので早速申し込んだんです。
申込みの時に名前とかメールとかと並んで、会社名の入力欄が。セミナーの受付なら当然ですよね。

しかし今の僕は無職・・会社名のところに ”求職中” と書きました。
当日、「無職の方はちょっと・・」と追い返されるのではないかとドキドキしましたが、無事受講できました。

Webマーケティングをちゃんと実施できている企業は全体の40分の1なんだそうです。
全体の2分の1はそもそもWebページすら持ってないとか。
まだまだWebマーケティング関係の仕事は需要がありそうですね。よしよし。

セミナーの内容を一言でいうと、「誰」に「何」を伝えるかが重要ということでした。

コンテンツマーケティングでは「何」にあたる部分のコンテンツが重要なのは当然です。
その「何」をつくるにあたって、「誰」の部分をちゃんと明確にしないといけないんですね。

「誰」を明確にするための手法の説明の中で、「ペルソナ」という専門用語がでてきました。
僕がペルソナと聞いて連想するのは女神転生なのですが、それとは違うようです。お客さんの一人を想定して、年齢・性別・ライフスタイル・趣味など細かく設定した人物像がペルソナです。

そのペルソナにとって有益なコンテンツを作っていくことで、ブランドロイアリティが上がっていくということですね。

色々な事例も聞けて面白かったです。

コンテンツマーケティング系の本を借りてみる

1回セミナーに出ただけでは、コンテンツマーケティングの全てを理解することはできなそうでした。

他の方法でも情報を集めないといけません。
次に、コンテンツマーケティング系の本を図書館で借りることにしました。無職の僕には気軽に本を買うことはできませんので・・・。

今は図書館の本をWebで検索できるんですね。同じ区内の図書館全部まとめて検索してくれます。
そして予約までできて、近くの図書館まで持ってきてくれるんです。これはなかなか便利。

  • コンテンツマーケティングの教科書-“売れる秘訣”はコンテンツにある!-
  • コンテンツマーケティング27の極意-編集者のように考えよう-
  • 広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門
  • いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本-人気講師が教える宣伝せずに売れる
  • 商品を売るな-コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる-

無職のメリットは、本を読む時間もたくさんあるという所。
まとめ読みして基礎知識を身につけようと思います。書評みたいなのも挑戦してみようかな。

コンテンツマーケティング情報サイトをチェックしてみる

最後にコンテンツマーケティングの情報サイトもチェックが必要ですよね。

コンテンツマーケティングで検索したところ、次の2つのサイトの情報が充実していそうです。

なかなかのボリュームです。どこまで理解できるか・・・読んでいくしかないですね。
Webの利点は最新の情報が手に入るというところでもあるので、日々チェックします。


ということで、突然コンテンツマーケティングの勉強を始めてみました。

無職の期間中に少しでも知識をつけて就職に有利になるようにしなければ。

知識を身につけるためにはアウトプットしていくことも必要ということなので、今後もコンテンツマーケティングについて勉強したことを記事にしていきます。

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

mayuharu-ad2

スポンサーリンク

前後の記事

-サイトは大事

Copyright© 40代で無職になるとどうなる? , 2017 AllRights Reserved.